ようこそ 荒井川漁業協同組合のページ へ
2019/04/01よりURLが変更されました。
 
 
 荒井川漁業協同組合では、多くの方に川の良さを知っていただき、清流にふれて1日を楽しんでいただくために、栃木県鹿沼市加蘇地区に流れる荒井川の情報を提供してまいります。
 
 荒井川って どこにあるの ? (マピオンの地図が開きます) マップコード : 132 246 258
 
 
 2022/07/14  



放射性セシウム調査結果、リンクのページを更新しました(2022/7/14更新)
 荒井川漁業協同組合ホームページへのご訪問ありがとうございます。
 
 ◎魚類の放射性セシウムの調査結果ページを更新しました。
 栃木県が実施している魚類の調査結果で荒井川に関する項目を掲載しています。
 詳細はこちらからどうぞ。
 ◎リンクのページを更新しました。
 接続先の変更、閉鎖などでリンク先の更新を行いました。
 詳細はこちらからどうぞ。
 
荒井川のアユ釣りが解禁になりました(2022/6/26更新)
 
 荒井川のアユ釣りが6月26日夜明けとともに解禁となりました。
 天候にも恵まれ猛暑日が予想される中にも拘わらず、県内はもとより近県の太公望が荒井川での友釣りをいそしんでいました。
 釣果の型は大小あったようですが魚影は良い評価を数多く聞かれ、これからが期待されるところです。
 アユ釣り解禁初日の様子はこちらから
 
荒井川の主な好釣場のヨシ刈りを実施しました(2022/6/23更新)
 
 6月19日組合役員により、荒井川の主な好釣場で役員によるヨシ刈りを行いました。
 河川災害復旧工事もずいぶんと進捗して、ヨシの箇所数は以前より少なくなっていますが、気候の影響か背丈3m径2cmのヨシ刈りは足場も悪く苦労の連続でした。
 全川はできませんでしたが試し釣りの結果も良好でしたので、静かで自然豊富の荒井川でアユ釣りの一日を楽しんで下さい。
 ヨシ刈り結果はこちらから
 
アユ試し釣りを実施しました(2022/6/19更新)
 
 6月19日組合役員によるアユの成育状況を把握するため試し釣りを行いました。
 荒井川の主な好釣場で役員によるヨシ刈りを行い、合間を見て試し釣りを実施しました。
 荒井川加園地内上見立橋近辺で1時間弱ほどでしたが18cm程度が数匹採れ、まずまずの成長が確認できました。
試釣釣果
 
ヤマメ成魚を追加放流しました(2022/4/30更新)
 
 4月28日荒井川上流域にヤマメ成魚を放流しました。
 荒井川上流上久我地内で寄栗小川沢合流地点までの放流となります。
 数は少なめですが大型のヤマメですので、早速太公望が引きを楽しんでいました。
 ヤマメ放流の様子を一部アップしました。こちらから
 
加園小児童による稚鮎放流体験を実施しました(2022/4/27更新)
 
 4月26日の稚鮎放流に併せて、加園小児童2・3年生による放流体験を実施しました。
 子供達は虫かごに渡された稚鮎を見て、感動していたようです。
 放流後には沢山の質問が出され、スタッフが苦労する場面もありました。
 稚鮎放流の様子を一部アップしました。こちらから
 大人になったら遊漁を楽しんでくれることを期待したいところです。
 なお、解禁日程はこちらから
 
県漁連ではクラウドファンディングを実施しています(2022/4/15更新)
 荒井川漁業協同組合ホームページへのご訪問ありがとうございます。
 
 栃木県漁業協同組合連合会では、アユが住む豊かな川を未来に残すことを目的にクラウドファンディングを実施しています。
 目標金額が100万円で、実施期間は5月下旬までとなっています。
 詳細は、こちらから
 支援額によりいくつかのリターンが用意されています。
 
渓流釣り解禁になりました(2022/4/1更新)
 
 3月31日荒井川上流域にヤマメ成魚を放流し、4月1日に全川で渓流釣りを解禁しました。
 遊漁料は年券6,500円、日券1,700円になります。
 ヤマメ放流の様子と解禁日の様子を一部アップしました。こちらから
 なお、4月28日にヤマメの追加放流を行います。
 
釣りにおける新型コロナウイルス感染症の拡大防止について(2022/4/01更新)
 
 栃木県では釣りにおける新型コロナウイルス感染症の拡大防止についての啓発を行っています。
 荒井川で遊漁される場合は、下記リンクをご確認の上お楽しみ下さい。
 
 栃木県で釣りをされる方へのお願い(外部サイトへリンク)
 
令和4年度荒井川解禁情報(2022/3/20更新)
 
 3月20日(日)定期総会に於いて、令和4年度の荒井川解禁日程が決定されました。こちらから
 ヤマメ成魚、稚鮎の放流は、例年並みの放流を行います。
 
 台風19号被害の復旧が完了していないため、ヤマメの特設釣場は今年も行わないことになりました。
 投網、引っ掛けの解禁は、釣りを楽しんでいただくため時期を遅らせ9月5日(日)となりました。
 
 4月1日(木)は荒井川の全川でヤマメなど渓流釣りの解禁となります。
 遊漁券は地区内商店、市内釣り具店、組合役員などで販売しています。
 赤いのぼり旗『荒井川漁業協同組合』を目印にご来場ください。
 遊漁料は日釣り券、年券とも昨年同額です。こちらから
 ヤマメの成魚放流は3月31日に行います。なお、4月下旬には追加放流も予定しています。
 
 文化施設自然の豊富な、荒井川の渓流で釣りを楽しんでください。
 
現場売り付加料金が改定されました(2022/3/20更新)
 
 遊漁料1日券を現場販売する時の付加料金が改定されました。
 遊漁料と同額が付加料金となるため、例えば遊漁料2,200円の場合2,200円の付加料金で合計4,400円いただくことになります。
 遊漁券販売所は地区内に複数箇所(目標:赤いのぼり旗)用意していますので、事前に購入して下さい。こちらから
 なお、年額遊漁券は現場売りを行いませんので、遊漁券販売所で購入をお願いします。
 
フィッシュパス及び県漁連が販売している共通遊漁券が利用できます(2022/3/20更新)
 
 荒井川漁業組合ではインターネットで遊漁券を購入するフィッシュパスに登録しています。
 電子チケットですのでスマートフォンが必要ですが、携帯電話エリア内であれば24時間どこからでも購入が可能です。
 遊漁中はスマートフォンを携帯(携帯電話エリア外でも)していただき、監視員に提示することで遊漁することができます。
 遊漁券購入及び詳細についてはこちらから
 
 また、栃木県漁業協同組合では、県内の主な河川で利用できる年間パスポートを数量限定で販売しています。(荒井川でも利用できます)
 遊漁券は「渓流魚券」と「アユ券」(別券になります)で、栃木県内の18漁業協同組合管轄の河川で遊漁期間内はいつでもどこでも利用できる年間パスポートです。
 販売は、「栃木県外在住者のみ」となりますが、ヤマメ、イワナ、サクラマスなど渓流魚王国、そしてアユ王国とちぎでアウトドアの魚釣りをお楽しみ下さい。
 栃木県内共通遊漁券の購入はこちらから
 
荒井川漁業協同組合の活動状況です
 昨年の組合活動状況は こちら からご覧下さい。
 


駐車場情報
(2022/03/24更新)
お車でお越しの方
公共交通ご利用の方
(2019/01/20更新)
荒井川調査途中経過
(2022/03/20更新)
放射性セシウム調査結果
(2022/07/14更新)
関連するページリンク集
(2022/07/14更新)


(背景は、荒井川の源流、大滝の様子)

♪♪ご意見ご感想をお寄せ下さい♪♪

荒井川漁業協同組合 〒322-0252 栃木県鹿沼市加園1873番地3
arai-riber fishermen's-union tochigi-pref kanuma-city kazono 1873-3
araigawa_gyokyou@yahoo.co.jp